ファン創りマーケティング利用規約

ファン創りマーケティング利用規約 

本利用規約は、株式会社AIENKIENが提供する「ファン創りマーケティング」の利用についての諸条件を定めるものです。なお、本利用規約はその他別途定める、当社ガイドライン等の諸規程と共に重畳的に適用され、当該ガイドライン等の諸規程は、本利用規約の一部を構成します。本利用規約に同意いただき申込みお手続きください。

第1条(定義)
(1) 「当社」—株式会社AIENKIEN
(2) 「サービス」—当社が提供する「ファン創りマーケティング」
(3) 「登録希望者」—当社サービスに登録を希望する者
(4) 「登録者」—当社に登録を希望し、本利用規約に同意した者のうち、当社が承認をした者
(5) 「登録情報」—サービスの提供を受ける目的で、登録希望者または登録者が当社に提供する一切の情報
(6) 「個人情報」—登録情報のうち、特定の個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)
(7) 「契約解除」—登録者が、本利用規約及び当社が定める方法により、登録情報を抹消し、サービスの提供を受けることを終了すること

第2条(サービスの概要)
当社は、集客支援及び継続利用支援をおこなうマーケティング会社です。
1. 当社が登録者に対して提供するサービスは次の通りとする。
(1) 登録者の事業に関する集客及び継続利用に関する知識の提供及び助言
(2) 登録者の事業に関する集客及び継続利用に関する企画及び運用、改善に関する助言
2. 本サービスは、登録者の事業に関する集客及び継続利用の支援を行うことを目的とするサービスであり、登録者が抱える問題についての解決の保証、登録者の目標、要望、その他一切の結果を保証するものではありません。

第3条(サービスの利用条件)
1. 登録希望者は、本利用規約に同意の上、登録情報を入力し、第4条に定めるお支払いが完了された時点で、登録者として当社に登録されます。なお、当該情報に虚偽の情報を掲載してはならないものとします。
2. 登録者がサービス利用日を延期する場合には、双方協議の上振替え日程を決めるものとする。なお第8条第に定める場合を除いて、当社は理由の如何に関わらず、当月内に振替え日程を消化できない場合、翌月に持ち越すことはできないものとし、当該利用料相当分の返金は行いません。
3. 登録者が以下のいずれかの事由に該当する場合、またはその恐れがあると当社が判断した場合、当社は登録者へ事前に通告・催告することなく、かつ登録者の承諾を得ずに、当社の裁量により直ちに、登録者に対してサービスの提供停止、契約解除、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。
(1) 本利用規約に違反した場合
(2) 登録情報に虚偽、過誤がある場合
(3) 第三者になりすまして登録を行った場合
(4) 第8条に定める禁止事項を行った場合
(5) その他、当社が登録者として不適切と判断した場合

第4条(サービスの遂行方法)
1. 登録者は申し込んだプランに付随するマーケティング支援回数分、当社とミーティングを行う。
2. ミーティングは原則オンラインで行うものとするが、双方協議の上同意を得ることでオフラインでも行うものとする。

第5条(サービス料金・お支払・契約継続、契約解除)
1. 登録希望者は、当社ホームページに定める利用料金をお支払いただき、サービスを利用いただきます。
2. 登録希望者は、本利用規約に同意の上、登録情報を入力し、サービス利用料金をクレジットカード決済にて事前に当社にお支払いください。当社は、翌月の利用料金を前月の 20日にクレジットカード決済にて徴収いたします。指定の期日までにサービス料金のお支払いが確認できない場合、サービス提供をお断りさせていただくことがございます。
3. 契約解除をする場合は、登録者は契約解除の前月末日までに必ず電話、電子メールまたは当社ホームページお問い合わせフォームよりご連絡ください。契約解除の前月末までに契約解除の申し出があった場合、その契約解除の末日をもって契約解除処理をし、その翌月からサービス利用資格が失効するものとします。たとえば、4月末までに契約解除の申し出があった場合、5月末をもって契約解除となります。
4. 前項に定める期日までに契約解除のご連絡をいただかない場合、自動的に継続利用となります。
5. 当社または登録者は、他の当事者が次の各号の1つに該当したときは、催告なしに直ちに、サービスの全部または一部を解除することが出来る。
(1) サービスに違反し、相当の期間を定めて相手方に対して、その是正を求めたにも関わらず、相手方がその違反を是正しないとき
(2) 相手方の信用、名誉または相互の信頼関係を傷つける行為をしたとき
(3) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、その他倒産手続開始の申立があったとき
(4) 差押え、仮差押え、仮処分、競売の申立、租税滞納処分その他これに準ずる手続があったとき
(5) 支払停止もしくは支払不能に陥ったとき、または手形または小切手が不渡りとなり、手形交換所より銀行取引停止処分を受けたとき
(6) 合併、解散、清算、事業の全部もしくはその他重要な事業の一部を第三者へ譲渡し、またはしようとしたとき
(7) その他前各号に類する事情が存するとき
6. 前項に基づく解除は、相手方に対する損害賠償請求を妨げない。
7. サービス利用途中で契約解除した場合、事前に納付されたサービス料金は返金されません。

第6条(登録情報・個人情報)
1. 当社は、登録情報を、以下各号の目的で利用します。
(1) サービスの運営(当社から登録者に対して、あらゆる情報を提供することを含みます)
(2) 当社が登録者にとって有益だと判断する当社のサービスまたは、広告主や提携先企業の商品、サービス等に関する情報の提供
(3) 登録者に対する、サービス運営に著しく影響を及ぼす事柄に関する連絡
(4) 登録者から個人情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡
2. 当社は、登録情報について以下各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとします。
(1) サービスの向上、関連事業開発及び提携企業のマーケティング等の目的で登録情報を集計及び分析等する場合
(2) 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて、第三者に開示または提供する場合
(3) 個人情報の開示や利用について登録者の同意がある場合
(4) 登録者が希望するサービスを提供する目的で、提携先等第三者が個人情報を必要とする場合(なお当該提携先等の第三者は、当社が提供した個人情報をサービス提供のために必要な範囲を超えて利用することはできません)
(5) 法令に基づく場合
(6) 当社、登録者その他第三者の生命、身体もしくは財産、または当社が提供する一切のサービスの保護のために必要がある場合
3. 当社は、個人情報について、当社のプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。
サービスにおける、当社の問合せ窓口は以下のとおりです。
株式会社AIENKIEN info@aienkien.com

第7条(知的財産の帰属)
サービス提供の過程で当社が作成した著作物の著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)、及びサービス提供の過程で生じた発明その他の知的財産又はノウハウ等に係る知的財産権は、全て当社に帰属するものとする。

第8条(禁止事項)
登録者は当社の事前の許可を得ないで、サービスを利用する上で知り得た知識やノウハウ等の知的財産を転記・転載を行ってはならない。

第9条(秘密保持)
1. サービス利用において「機密情報」とは、当社及び登録者はサービス利用に関連して知りえた相手方の技術上・経営上の一切の秘密、当社及び登録者間の取引内容に関する情報をいう。ただし、以下のものはこの限りでない。
(1) 相手方から知得する以前にすでに所有していたもの
(2) 相手方から知得する以前にすでに公知のもの
(3) 相手方から知得した後に、自己の責によらない事由により公知とされたもの
(4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務をともなわずに知得したもの
2. 当社及び登録者は相手方より受領した機密情報及び個人情報を厳に秘密として保持し、善良なる管理者の注意をもって管理・保管するものとする。
3. 当社及び登録者は、サービス取引の遂行以外のいかなる目的のためにも機密情報及び個人情報を利用してはならない。
4. 当社及び登録者は、サービス取引の遂行のために第三者に機密情報又は個人情報の全部又は一部を開示する場合には、事前に書面による相手方の許可を得なければならない。また、開示の範囲は必要最小限の範囲とし、かつ当該第三者に対し監督その他必要な措置を講ずるものとする。
5. 当社及び登録者が、法令、官公庁又は裁判所の処分・命令等により機密情報又は個人情報の開示要求を受けた場合、当該開示要求に対し、必要最小限の範囲及び目的に限り、機密情報又は個人情報を開示することができるものとする。この場合、できる限り早い時期に相手方に対して当該開示について通知するものとする。

第10条(写真等の撮影及び利用)
1. 当社は、サービス提供にあたり登録者の許可を受けた上で写真・動画等の撮影を行う場合があります。撮影した写真・動画等は、当社ホームページや当社の制作する告知・販促物等に使用する場合があり、登録者はこれを了承するものとします。

第11条(損害賠償)
当社または登録者が自者の責めに帰すべき事由により相手方に損害を与えたときは、すみやかにその損害を賠償しなければならない。

第12条(反社会的勢力の排除)
1. 当社及び登録者は、それぞれ相手方に対し、次の事項を確約する。
(1) 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、まとめて「反社会的勢力」という)ではないこと
(2) 自らの役員が反社会的勢力ではないこと
(3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと
(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていないこと
(5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと
(6) この契約に関して、自らまたは第三者を利用して次の行為をしないこと

ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
2. 当社及び登録者は、相手方が次の各号の一に該当する場合、何らの催告を要さずに、本契約を解除することができる。
(1) 前項(1)ないし(5)の確約に反することが判明した場合
(2) 前項(6)の確約に反する行為をした場合 
3. 前項の規定により、本契約を解除した場合には、相手方に損害が生じても解除者は何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、かかる解除により解除者に損害が生じたときは、相手方はその損害を賠償するものとする。

第13条(本利用規約の改訂)
1. 当社は、随時本利用規約を改訂することができるものとします。
2. 当社は、本利用規約を改訂した場合、電子メールまたは当サービスに関するウェブサイト等を使い随時、登録者に告知するものとします。
3. 本利用規約の改訂は、当サービス上に表示した時点で効力を生じるものとし、本利用規約改訂後に利用者が本サービスを利用した場合には、利用者は変更後の本規約の内容を承諾したものとみなします。

第14条(免責)
1.登録者は、サービス利用に関し、当社または第三者との間でトラブルや紛争が生じた場合には、当事者間において登録者の責任と費用でこれを解決するものとし、当社は、利用者と当社又は第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等から生じる一切の損害について一切責任を負いません。
2.当社は、本サービスに起因して登録者に生じた損害について、当社に故意又は重過失があった場合を除き、直接又は間接を問わず一切責任を負わないものとします。また、当社は、当社の過失による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害のうち、通常生じる損害を除き責任を負いません。なお、当社の過失による債務不履行または不法行為により登録者に生じた損害の賠償は、登録者から当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。

第15条(合意管轄)
当社及び登録者は、サービス利用に関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

第16条(準拠法)
本利用規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2021年2月17日制定

TOP